1. HOME
  2. 申請書類の作成
  3. さくっと書類作成

申請書類の作成

さくっと書類作成

「さくっと書類作成」は、ブラウザの画面に入力するだけで、電子出願用の一部の書類を作成できます。作成した書類は、インターネット出願ソフトで特許庁へ電子出願します。

「かんたん願書作成」の提供は終了しました。
 後継の「さくっと書類作成」をご利用ください。
※本ソフトウェアを使用された方は、使用許諾書の各条項に承諾したものとみなされます。

さくっと書類作成

ご利用前に、以下をご確認ください。

以下のボタンをクリックして、「さくっと書類作成」をご利用ください。

以下の特許庁サイトもご活用ください。

動作確認済環境

以下の環境で動作確認を行っております(動作を保証するものではありません)。
Internet ExplorerやFirefoxなど、非対応のブラウザでは使用できません。

対応ブラウザ Google Chrome
Windows版のみ
・安全のためにも、常に最新バージョンにしてください。
・シークレットモードでは使用できません。
Microsoft Edge
Windows版のみ
・安全のためにも、常に最新バージョンにしてください。
・プライベートモードでは使用できません。
新しいMicrosoft Edge のみ使用可能です。
 Microsoft Edge レガシは対応していません。
 は、Microsoft Edge レガシです。
詳細は、Microsoft社ホームページをご覧ください。
「新しい Microsoft Edge と Microsoft Edge レガシの違いは何ですか?」
以下を有効にしてください。
ブラウザの初期設定では有効になっていますので、通常は変更不要です。 設定方法は、ご使用のブラウザのヘルプをご確認ください。
・JavaScript
・TLS1.2
・ローカルストレージ
対応OS 32ビット版 Microsoft Windows 10 Home
Microsoft Windows 10 Pro
※いずれも日本語のみ対応です。
64ビット版 Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 8.1 Pro
Microsoft Windows 10 Home
Microsoft Windows 10 Pro
※いずれも日本語のみ対応です。

PAGE TOPへ

注意事項

◆データについて

  1. 作成した書類は、作成途中でも必ずデータ出力してから、ブラウザを閉じてください。
    データ出力した書類は、さくっと書類作成の画面で〔とりこむ〕をすると、再編集できます。

  2. 「書類一覧」のデータや設定情報は、パソコンのブラウザ上に保存されます。特許庁には送信されません。
    以下の場合、「書類一覧」のデータや設定が全て失われます。
    • ブラウザ終了時に、「Cookieおよびその他のサイトデータ」または「Cookieと他のサイトデータ」を削除する設定にしている場合
    • ブラウザの「Cookieおよびその他のサイトデータ」または「Cookieと他のサイトデータ」が削除された場合(ブラウザの更新によって削除される場合もあります)
    • さくっと書類作成を初期化した場合
    • ログインユーザやブラウザの種類を変更した場合(変更後のブラウザは初期状態です)

  3. さくっと書類作成のバックアップを復元すると、現在「書類一覧」に表示されているデータやアドレス帳・パスワードを含む設定情報はすべて削除され、バックアップした時のデータに置き換わります。

  4. 「設定」画面の内容(アドレス帳を含む)は、バックアップした場合にのみ保存されます。データ出力では保存されません。
    パスワードを設定した状態でバックアップした場合、復元時にパスワード入力が必要です。

  5. さくっと書類作成のデータを任意のパスワードで暗号化することができます。
    パスワード設定は任意です。ただし、データ出力されたデータは暗号化されません。

  6. 設定したパスワードを忘れると、さくっと書類作成が使用できなくなります。
    パスワードを特許庁やサポートセンターにお問い合わせ頂いても対応致しかねます。
    「秘密の答え」は、全角半角、大文字小文字を区別してチェックします。

  7. イメージを多数添付し、データサイズが大きくなった場合、ブラウザの制限により「データ出力」「バックアップ」「復元」などができない場合があります。

  8. 「かんたん願書作成」のデータやアドレス帳は、「さくっと書類作成」にとりこみできません。

  9. (インターネット出願ソフト[i4.10]から対応)
    インターネット出願ソフトの〔文書入力〕、〔合成入力〕の文書指定画面には、「完成」状態の書類のみが表示されます。
    さくっと書類作成の書類一覧の「状態」が「作成中」の書類は、表示されません。

◆書類ついて

  1. 特許願や実用新案登録願の、明細書・請求の範囲・要約書・図面は作成できません。
    「ひな型(特許願・実用新案登録願用)」を基に、ワープロソフト等で作成してください。

  2. 手続の内容によっては、「さくっと書類作成」で作成できない場合や項目が不足する場合があります。
    手続の内容に合わせてご利用ください。

  3. 「さくっと書類作成」では、手続上の是非はチェックできません。

  4. 「さくっと書類作成」は、個人の方や国内中小企業の方向けのため、「代理人による手続」、「優先権主張」、「分割出願」などには対応していません。

  5. 書類一覧に作成できる書類数は、20件です。

◆使用環境ついて

  1. 作成した書類は、インターネット出願ソフトを使って特許庁へ電子出願します。
    さくっと書類作成からは出願できません。
    インターネット出願ソフトを利用するには、電子証明書などの事前準備や環境設定が必要です。

  2. ブラウザをプライベートモード(シークレットモード)等、サイトデータを保存しない設定にしている場合は、ご利用できません。
    通常モードでのご利用をお願いします。

  3. 共有及び公共のパソコンでは利用しないでください。
    作成した書類が第三者から閲覧される可能性があります。

  4. 「ブックマーク(お気に入り)」には、「https://sakutto.pcinfo.jpo.go.jp/」を登録してください。
    編集途中の画面を登録した場合、誤動作する場合があります。

  5. できるだけインターネットに接続した状態でご利用ください。

PAGE TOPへ

「かんたん願書作成」との違い

  • 「さくっと書類作成」は、WEBアプリケーションです。ブラウザで動作するため、インストールが不要になりました。

  • 特許願、実用新案登録願の、明細書・請求の範囲・要約書・図面を作成できなくなりました。「ひな型(特許願・実用新案登録願用)」を基に、ワープロソフト等で作成してください。

  • 納付書が作成できるようになりました。
    「さくっと書類作成」で作成できる書類は、以下をご覧ください。
     「作成できる書類について」

  • 特許に係る減免申請書は、2019年4月1日以降に審査請求した場合は提出不要のため、作成対象外になりました。
    実用新案に係る減免申請書は、実用新案の減免申請方法を参照して申請してください。

  • 「整理番号」や「アドレス帳」は、設定で使用する/しないを選べるようになりました。 初期値は「使用しない」です。

  • 商標登録願や意匠登録願で、編集途中に、商標の種類変更や図面と写真の切替えが可能になりました。

  • パスワードを設定できるようになりました。

  • HTML出力がなくなりました。代わりにZIP形式で出力します。
    インターネット出願ソフトは、2019年12月下旬リリースの[i4.10]から「さくっと書類作成」のZIP形式に対応します。

PAGE TOPへ

更新履歴

  • 2021.03.18 Ver.[1.1.0]をリリースしました。
  • 2020.12.17 Ver.[1.0.0]をリリースしました。
  • 2020.10.01 Ver.[0.0.0]をリリースしました。

PAGE TOPへ